最先端の機能が付いたエアコンブログ : 2016/07/19


1型糖尿病というのは、膵臓にある血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことにより、
残念なことに膵臓から大半のインスリンが出なくなってしまって発症してしまう生活習慣とは無関係の糖尿病です。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、
肝臓から分泌される解毒酵素のスムーズな製造活動を促しているのではないかという新たな可能性が明らかになりました。

花粉症というのは、森のスギやヒノキ、マツなどの飛散するタイプの花粉が元凶となり、
くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻水などの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気だといえます。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、
特に病気ではなくても出ることがあるため難しい心臓の病気ではないのですが、
発作が数回繰り返して起きるケースは危ないのです。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、
4日前後処方薬を飲めば、大抵、9割前後の患者さんの自覚症状はゼロになりますが、
さりとて食道の粘膜の炎症自体が癒えたとは断言できないので注意が必要です。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔からの出血ですが、
喀血とは喉から肺を通る気道(呼吸器の一つ)から血が出る症状で、
吐血の方は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から出血することを表します。

生殖器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、
即ち男性ホルモンが密接に関係し、
前立腺に発生したガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン)に影響されて大きくなってしまいます。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きのあるナイアシンは、
辛い二日酔いに極めて有効です。
辛い二日酔いの誘因物質であるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも作用しています。

痩せたいあまりに摂取カロリーの総量を控える、
十分食事を食べない、そうした暮らしを続けるとひいては栄養までもを不足させ、
深刻な慢性の冷え性を招いていることは、
色んなところで危惧されています。

ピリドキサミンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路と呼ばれているエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路へ取り込ませるため、
それ以上に化学分解することを促す機能もあると言われています。



このページの先頭へ戻る