最先端の機能が付いたエアコンブログ : 2016/08/27


強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、
背骨の間に存在して緩衝材みたいな役目をする椎間板(ツイカンバン)という名前の柔らかい円形の線維軟骨が突き出た状態を表しているのです。

汗疱というのは主に掌や足裏、指の間などにちっちゃな水疱ができる疾患で、
世間一般では汗疹(あせも)と呼ばれており、
足裏に現れると足水虫と間違うケースもままあります。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、
主に手足がマヒしたり脚の浮腫みなどが代表的で、
進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全なども招く可能性があるそうです。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、
大方は腹痛・吐き気・下痢の症状が出る位で済みますが、
細菌感染による腸炎の場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度以上の高熱も出るのが相違点です。

ただの捻挫と勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで患部を固定し、
そのまま様子を見るのではなく、
応急処置をした後すかさず整形外科医に診察してもらうことが、
結局は根治への近道だといえるでしょう。

ともすると「ストレス」というのは、
「溜めてはいけない」「排除すべきもの」と捉えがちですが、
実のところ、私たち人間は様々なストレスを受けているからこそ、
活動し続けることが可能になっているのです。

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、
γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3つの値によって知ることができますが、
ここ数年間で肝機能が減衰している方々が徐々に増加しているということが危険視されています。

ダイエット目的で1日の総カロリーを抑える、
食べる量を落とす、そのような暮らしのスタイルが結果的に必要な栄養までもを不足させ、
深刻な慢性の冷え性を招いていることは、
多くの医療従事者が言われていることなのです。



このページの先頭へ戻る