最先端の機能が付いたエアコンブログ : 2015/12/18


暴飲暴食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、多忙によるストレス、老化といった多様な因子が集まると、
インスリンの分泌量が減ったり、
機能が鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症します。

ちょっとした捻挫と自己判断してしまい、
包帯やテーピングテープなどで適当に固定し、
様子を窺うのではなく、応急処置が終わったらすかさず整形外科で診てもらうことが、
根治への近道になるのです。

現代のオペ室には、ラバトリーや器械室(apparatus room )、
準備室を設け、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、
そうでなければ近辺にX線装置のための専門室を併設しておくのが普通だ。

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、
中耳のところに細菌やウィルスがくっ付いて炎症が発生したり、
体液が滞留する病気を中耳炎と呼ぶのです。

「肝機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、
γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3種類の値でモニターできますが、
ここ2、3年肝機能が悪くなっている日本人が増加傾向にあるとの報告がありました。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)は、
細胞の機能を鈍化させたり突然変異を招く人体に対する有害物質を身体の内側で解毒し、
肝臓の能力を促進する特長が分かっています。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、
カルシウムが体に吸収されるのを促進する機能で広く知られており、
血液中の濃度を調整して、筋肉の働きを適切に調節したり、
骨を作り出します。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、
食事の欧米化に加えて煙草を吸う事・アルコール・肥満症等の生活習慣が変化したこと、
ストレスによって、現在日本人に増加しつつある病気なのです。



このページの先頭へ戻る